HOME>トピックス>製品の内部を研磨することができる加工の技術

使用するホーンのサイズ

ホーニング

ホーニングをする時に気をつけた方が良いのは、加工したい製品のサイズに合った機械を使用して作業をすることです。サイズをしっかりと合わせることにより、仕上がり具合も非常にきれいになります。ホーニングは、砥石を外側にとりつけたホーンを加工したい製品の内部で回転させることにより、内側の金属を研磨する作業なので、ホーンのサイズが小さすぎると砥石が十分に内部を研磨できない場合があります。ホーンのサイズが大きすぎても、加工したい製品にあけられた穴の中に入らないことがあるので、ぴったりのサイズのものを選ぶ必要があります。

ホーンが移動できる方向

ホーニングで金属の加工をする時には、ホーンが動作できる方向についても気をつける必要があります。ホーニング加工のできる機械の中には、ホーンが一定の方向のみ動作できるものがあり、特定の種類の加工をする際に向いています。ホーニングの機械で一般的なのは、ホーンを縦方向に移動できるタイプの製品です。加工したい製品の内部が上下に深くなっている場合でも、ホーンを移動することにより、奥まで加工が可能になります。ホーニングの機械の中にはホーンを横方向に移動できるタイプの製品もあり、横に長い製品の内部を加工したい時に便利です。

広告募集中